太陽の屋根裏部屋

jihyun.exblog.jp
ブログトップ
2004年 09月 06日

『永遠の片想い』

a0016852_1948203.jpg

地元・京都で4日から上映が始まりました。
僕は5日に観に行ってきました。
ちょうどこの映画を観ている最中に地震があり、館内が一時騒然となったりしたんですが、幸い上映に支障はなく、無事に最後まで鑑賞することが出来ました。

観終わって何度も口をついて出た言葉は、
「やっぱりいい映画やなぁ~」というものでした。


a0016852_20173884.jpg僕にとって、初めての韓国映画は『猟奇的な彼女』でした。
今でこそ、寝ても覚めてもチョン・ジヒョン~みたいな感じですが(笑)、じつはあの映画で最初に魅せられたのは、キョヌ役のチャ・テヒョン氏の演技でした。
今でもハッキリと覚えています。『猟奇的な彼女』を観ていて、「これは面白い映画ダゾ!」と確信したのは、キョヌが講義の出席の代返を何パターンも駆使するあのシーンです。
くだらないといえばくだらない、ベタといえばこれほどベタなものはない類の笑いでしたが、チャ・テヒョン氏の絶妙な演技は、僕の笑いのツボを見事に突いてくれたのでした。


a0016852_327331.jpgそして僕は一気に映画の中へと引き込まれ、最後まで身を委ねました。
もしも、キョヌを彼が演じていなかったとしたら。。。
果たして『猟奇的な彼女』はあれほど魅力的な作品になっていたでしょうか。
おもいっきり笑わせてくれて、おもいっきり泣かせてくれる彼の最大の魅力が堪能出来るという点で、『猟奇的な彼女』の次に僕が好きなテヒョン氏の映画です。
そして、『猟奇的な彼女』に次いで買った二枚目の韓国盤DVD(当時は『恋愛小説』というタイトルで馴染んでいました)という点でも、思い入れのある作品でした。


a0016852_21435832.jpgこんなにも素敵な映画なのにどうして日本で公開されないのかと、ずっと不満に思っていた作品だっただけに、今こうして日本の劇場で観られることの幸せを噛みしめながら感慨深くスクリーンを見つめていました。

また、ずいぶんDVDを観ていなかったこともあり、とても新鮮な気持ちで映画を楽しむことが出来ました。そして日本語字幕のおかげで詳細な部分まで理解出来たことが何より嬉しかったですね。


a0016852_22102825.jpg面白かったのは、当時まだ誰だかよく知らないまま観ていた役者さんたちが、今思うと豪華な配役だったということです。
イ・ウンジュさん、ソン・イェジンさん、キム・ナムジン氏、そしてムン・グニョンちゃん。凄いですよね^^
そういう意味では、今この時期にあらためて観る楽しさというのがあるんですよね。
前半で劇場が暖かい笑いに包まれたこと、後半そしてラストであちらこちらからすすり泣きが聞こえてきたこと。胸が締めつけられるような切なさを感じながらも、どこか爽やかで優しい気持ちになって劇場を出られたこと。忘れられません。

とても幸せな気分にさせてくれました。いい映画を観たなぁって。


a0016852_22451567.jpg結末としては、とても悲しいはずなのにどこか救われたような気持ちになったのはなぜなんでしょう。
ジファンとギョンヒ、そしてスインが最高に幸せな時間を三人一緒に過ごせたということを、それぞれがそれぞれのやり方で気持ちに整理をつけて、たしかな思い出にすることが出来たから。僕はそんなふうに解釈しました。

人は思い出だけでは生きていけないかもしれません。
でもギョンヒの手紙を読みながら泣いていたジファンが、それでも時おり見せたあの笑顔に僕は希望を見出したいのです。


a0016852_23541814.jpgエンド・ロールで流れるテヒョン氏の“モルナヨ”が、ずっと脳内再生され続けていて困っています^^;
映画を観終わって、入った劇場のトイレで無意識に吹いた口笛がこの“モルナヨ”でした(笑)。それからずっと頭の中で鳴りっぱなしです。。。
でも無理ないですよね。こんなに素晴らしい映画が、こんなに素敵な歌で締めくくられたら、誰だって耳に残ります。
劇場でも誰も席を立つ人がいませんでした。みなさん、テヒョン氏の歌に酔いしれている感じでした。
僕も心の中で、「みんな立つな~、この歌を聴いてくれ~っ」って叫んでました(笑)。


a0016852_0112079.jpg余談ですが、この映画を観た劇場でOSTを韓国から輸入して窓口で販売するらしいのですが、どうして日本盤が発売されないんでしょう。
イ・ウンジュさんのピアノやソン・イェジンさんの歌、そしてテヒョン氏の“モルナヨ”も聴ける日本独自の企画盤なんて最高だと思うんですけど。
もしそんなのが発売されたら、韓国はもとよりアジア各国でコレクターズ・アイテムとしてきっと話題になるハズ。
二種類のOSTを買わないと、これらが全部聴けないっていうのが以前から納得いきません。
って、こんなコト考えてるのは僕だけかもしれませんね。。。^^;


a0016852_0262972.jpg




永遠の片思い (恋愛小説 - ヨネソソル) OST(韓国盤)


永遠の片思い(韓国盤)


永遠の片想い [DVD]
[PR]

by tai_yo | 2004-09-06 21:22 | 映画


<< ジヒョン@Paris~最新CF~      くびったけっ!!韓国シネマ >>